クレジットカード現金化業者の実態

クレジットカード現金化業者は、店舗型とネット型で運営している業者を合わせると全国で100以上あります。
現金化業者は一つの会社で、現金化サイトを何個も運営している場合もありますので、現金化サイト数でいうと数はもっとあります。
それに伴い、クレジットカード現金化関連の比較サイト・ランキングサイト・口コミ・評判サイトなど多数ネット上にアップされ閲覧できるようになっています。
クレジットカード現金化業者は、優良店だけがサービスの提供をしている訳ではありません。
現金化業者のほとんどが悪徳業者とも言われています。
その理由は色々とありますが、換金率が低いのが一番の問題であります。
換金率が低いということは、利用者は振り込まれる金額が少なく、業者側が利益を多くとるといったことになります。
今回は、これらのことを分かりやすく簡単に説明させていただくので、少しのお時間で読めるので参考にしてみてください。

優良業者と悪徳業者の違い!!

優良業者と悪徳業者の違い

優良業者と悪徳業者の違いは、「換金率・買取率・還元率」の差があり過ぎることです。
現金化業者を利用しての換金率の相場が70%~80%くらいと言われています。
優良業者の場合は、80%以上の換金率になりますが、悪徳業者で利用をしてしまうと悪くて70%くらいとなります。
最悪な業者にあたってしまうと、換金率が60%台といった業者も存在します。
仮に優良店だと換金率80%で最悪な業者だと60%だったとすると、換金率の差が20%もあります。
現金で計算すると、優良業者の場合100,000円の利用で80,000円の振込みだとすると、最悪な業者の場合は60,000円しか振込みがないことになります。
利用者にとっては、業者選びを間違えると20,000円も損をすることになります。
これだけ考えてもゾッとする話ですが、悪徳業者の特徴としては、接客態度が悪いことでも有名です。
悪徳業者に実際に電話をかけてみると、ヤミ金業者みたいな口調で説明してくる業者がありました。
利用者立場としてみては、身分証明書などを送ってしまっていたら悪用されるかもしれないと思い、断りきれず利用してしまうことが多いでしょう。
このような状況になってしまった場合は、勇気をもって断ることが重要となります。
損をするのは、利用者となりますので慎重に現金化業者選びをしなければなりません。

クレジットカード現金化業者の選び方

クレジットカード現金化を利用する際は、現金化業者選びが重要となります。
では、数ある現金化業者の中からどのようにして選べば良いのかを紹介します。
まずは、インターネットで現金化業者の比較サイトなどを拝見します。
どこの業者を利用するのか、ある程度ピックアップします。
ピックアップができたら、実際に現金化業者に申し込みをするのではなく、まず電話で問い合わせをすることです。
電話をした際に、普通の会社ではない対応であった場合は、検討することを伝えて電話を切りましょう。
悪徳業者の中でも、電話対応はしっかりとしている業者もあります。
そのため、普通の対応であった場合は、換金率や購入する商品について質問をすると良いです。
この際に、身分証明書を送らないと分からないと言われたり、曖昧な返答をしてくるような業者は悪徳業者の可能性が大になります。
特徴としては、人によって換金率を変えてくるような業者かと思われます。
このような業者は、換金率が低いことを伝えると、すぐに換金率を少しアップしてくるような業者となります。
すぐに換金率をアップするくらいなら、初めからその換金率で手続きしてくれればいいと思いますが、そうはいかないのが悪徳業者の特徴です。

優良業者の場合は、親切で対応が良く、質問には何でも答えてくれますので、安心して利用ができます。
そのため、現金化業者選びの判断は間違えないようにしましょう。

現金化業者のサイトを見ただけで判断はNG

現金化業者のサイト数は、インターネットで確認するだけでもかなりの数があります。
そこで注意しなければいけない点があります。
それは、ホームページに記載されている内容を鵜呑みにしてはいけないということです。

例えば、最大換金率96%と謳っているよな業者があり申し込みをしたとします。
利用してみると実際の換金率は70%くらいだったケースがほとんどです。
悪徳業者はホームページにが良いことをばかり記載し、そこで集客し、実際は色々と理由をつけて手数料を多くとる業者が多くいます。
このような業者には引っかからないようにしましょう。